足が悪い人への実用的なプレゼント|理学療法士が紹介する厳選ギフト

お年寄りになると、体のあちこちが悪くなってきます。

膝の痛みが出たり腰が痛くなったり病気により麻痺がおきてしまったり。

中でも足の悪く不自由している方はとても多いです。

膝痛や麻痺だけでなく、転倒して骨折したあともしばらく足の痛みがあって歩けないこともあります。

足に何も病気がなくても、病気で長く入院などをしていれば足の筋肉が落ちて足元がふらつくようになります。

足が悪い祖母や祖父へのギフトに最適な商品を目的別に紹介します。

≪目次≫

1、動作の補助

2、便利品

3、疼痛改善

4、運動用品

1、動作の補助

足が不自由な度合いにもよりますが、立ち上がったり歩いたりできる場合には、そういった動作を安全に歩けるための補助具があると安心です。

■杖


杖は持っている方も多いかも知れませんが、もしも持っていないようでしたらまずは杖を持ってもらう必要があります。

不安定な状態で外を歩いて転びでもしたら骨折してしまいます。

骨折をしたら入院になり、高齢であればあるほどそのまま寝たきりになる可能性が高くなります。

■シルバーカー(歩行器)


シルバーカー

杖は持っているけど外で歩くのは不安定で心配というのであれば歩行器の出番です。

杖よりも安定感が増し、荷物を入れることができるので便利です。

杖でも問題なく歩けるけれど、買い物をするから外出時はシルバーカーで歩くという方もいます。

ただ、歩行器は両手で押すものなので、片麻痺の方には不向きです。

両手でしっかりと押せる場合のみにしてください。

■シニアカー


シニアカー

一人では歩けるけど、長く歩けないという方。

遠くに買い物に行きたいという方にはシニアカーが便利です。

人が歩く速さと同じ速さなので、歩道を通ることができます。

運転免許も不要です。

100歳の祖父にプレゼントしたらすぐに使いこなしてるという口コミもありました。

■立ち上がり補助ステッキ


立ち上がり補助手すり

足が悪く、立ち上がりがやや大変だったり不安定だったりする場合、支えがあると便利です。

こちらは立ち上がりを補助するための簡易型の手すりです。

オシャレなラタンのタイプや金属のタイプがあります。

置いてあるだけなので引っ張ると浮いてしまいますが、体重をかけて立ち上がれる方であれば楽に立ち上がれます。

2段のタイプ、3段のタイプなど高さがあります。

身長が高い場合には立った時に低すぎないよう、高めの物を購入した方がよいです。

■玄関の台

手すり付き玄関台

玄関の上がり框の上り下りが大変な場合、踏み台があると便利です。

手すり付きのものもあります。

プレゼントとしては大きくなってしまいますが、困っているならこういったものを贈るのもよいです。

幅や高さなどさまざまな物があるので、玄関に合ったものを選んでください。

■玄関椅子


玄関用いす

立ったまま靴を履くのが難しい方は、玄関に椅子を置くと便利です。

立つ時に楽なように手すりの付いた物や下が下駄箱になっている物などがあります。

下駄箱になっているものも便利ですが、立ち上がる際足を引けた方が立ちやすいので、楽に立つことを考えたら足元が開いている物がよいと思います。

高さが高いほど立ち上がりやすいですが、靴を履きやすい高さがあると思います。

高さを調整できる物が安心です。

■高座椅子


高座椅子

足が不自由な方は、床に座ってしまうと立ち上がるのが大変です。

さっと座れってくつろげる椅子があると便利です。

背もたれが倒れるリクライニングタイプは、そのまま昼寝したりくつろぐことができます。

簡易タイプは、みんなのいるこたつに一緒に入ったりできます。

高さが変えられるものも多いので、立ちやすい高さ、用途にあった高さに調整して使いましましょう。

2、便利品

足が悪い方の中でも重度の場合、車椅子を使っていることも多いと思います。

車椅子に座っている方や座っている時の便利品を紹介します。

■車椅子用座布団


車椅子用座布団

車椅子は移動用にできているため、普通の椅子の様に長時間座るようにできていません。

長く座っているとお尻が痛くなります。

体が不自由な方の場合、お尻を浮かしたり、左右に体重をずらしたりすることも難しくなるため、さらにお尻が痛くなりやすいです。

もし座布団がないようでしたら、プレゼントすると喜ばれると思います。

■ひざ掛け


ブランケット

長く座りっぱなしでいると足が冷えてきます。

さっとかけるひざ掛けがあると便利です。

■レッグウォーマー


レッグウォーマー

お年寄りの方はあまり長めのズボンは履きません。

腰かけると足首が見えている方が多いです。

足が麻痺していたりあまり動かなかったりすると、血行が悪く足が冷えてしまいます。

足首がでてしまったりするとなおさらです。

レッグウォーマーを知らないお年寄りの方も多いです。

プレゼントしたら喜ばれるのではないでしょうか?

長めのタイプの方があったかいですが、ズボンがピタっとしていると、膝下あたりまで履くのは難しい場合があります。

ズボンの上に履くのもいいですが、ズボンの下に履いて足首だけでよいのなら短めタイプもよいと思います。

■足湯ソックス


あったか足湯ソックス
空気の層でふんわり極厚のあったか靴下です。

普通の靴下の約4倍の厚み。

血流が悪く冷えてしまう方、足が冷たくて眠れないという方など足の冷えにお悩みの方へのプレゼントに。

足首が動くことでポンプ作用により血流が活発になります。

車椅子の方や寝たきりで歩かない方は足の血流が悪くなりがちです。

動かない方は血流が悪くなりがちです。

できるだけ自分で動くのがいいですが、難しい場合は靴下などで保温することも必要です。

■マジックハンド


マジックハンド

重度で歩けない場合には、遠くの物を取るためのマジックハンドが便利です。

リーチャーとも言います。

オモチャだと細かい物をしっかりつかめないので、介護用のしっかりした物がよいです。

■靴ベラ


足の動きが少しでも悪いと、靴の中に上手く足を入れることが難しくなります。

靴ベラがあるとだいぶ違います。

長いタイプはスタンドがついたオシャレな物や木製の物などもあります。

携帯用は、金属制や革製がありますが、名入れ可能な物もあります。

■介護靴

足の動きが悪くなると、靴に足を入れるのが大変になります。

靴ベラで簡単に入れられればいいですが、それでも難しい場合には、入り口が大きく開く介護用の靴が便利です。

リハビリシューズとも言います。

屋外用と屋内用があるので注意してください。

老人施設などでは屋内用の介護シューズを履いている方が多いです。

リハビリシューズの選び方はこちら

3、疼痛改善

■お湯不要の足湯

お湯を使わず電気で行う足湯です。

横向きに使うこともできるので、ベッドに寝たままでも可能です。

ふだん動かさなくて冷えた足の血行を改善します。

冷えると足がつりやすくなるので、夜間などによくつってしまう方へのギフトにもおすすめです。

■ホットパック

膝の痛みや腰の痛みなど、痛い所に当てて温めます。

炎症があって熱を持っているような場所にあてるのはよくありませんが、長く続いている慢性的な痛みの場合、温めると楽になることがあります。

足の冷えの改善や肩こりにも使えます。

電子レンジで温めるタイプもありますが、電気タイプの方が簡単に持続的に使えるので便利に思います。

4、運動用品

■エアロバイク

座っているのがやや不安定で、置き場もあるならこういった低めで背もたれもあるしっかりしたタイプが安心です。

重さを変えながらこぐことで体力作りと足の運動ができます。

足の動きがすごく悪い方には難しいですが、ある程度動けば可能です。

■エクササイザー


 エクササイザー

電気不要の自転車こぎマシーンです。

イスに座って簡単にできます。

調節ネジの締め具合で負荷を調節できます。

■フィットネスミニバイク


フィットネスバイクミニ

椅子やソファーに座り、足でこぎます。

筋力強化や持久力向上のために使います。

自転車のような大きいタイプと違い、好きな場所に置いて使うことができるので便利です。

■ルームウォーカー

ルームウォーカー

歩けるけれど外で一人では危なくて歩けない、長くは歩けない、という場合、自宅でルームウォーカーなどを使って手すりにつかまりながら歩く練習をするのもよいです。

これは、スムーズに足は出せるけれど長距離や手すりなしでは難しい場合なので、足を出すこと自体が不安定な方はやめてください。

転倒の危険があります。

安価なタイプもありますが、できればつかまりやすい長い手すりのようなグリップがあるタイプが安心です。

■足首のストレッチボード


ストレッチボード

あまり歩かない方や麻痺のある方は足首が硬くなりやすいです。

特に、反る方向に行かなくなります。

足首が反らなくなると、重心が後方になり尻もちをつきやすくなります。

また、足を大きく振り出すことも難しくなります。

しばらくこのボードの上に立つだけで、自然とアキレス腱が伸びます。

不安定な場合は背中側が壁に来るようにしたり、何かに捕まるようにしましょう。