腰の痛みがある時の注意点|高齢者によくある腰痛の原因

高齢者によくある腰痛の原因、腰痛の場合の動作時の注意点、温めていいか悪いかなどを簡単に紹介します。

≪目次≫

1. 腰痛の原因いろいろ

2. 温めるか冷やすか

3. 腰痛にマッサージしてもいいか

4. 起き上がり方、寝方(寝起きの仕方)

5. 腰痛コルセットの使用

6. 布団の固さは大丈夫か

7. 座る姿勢は悪くないか

1、お年寄りの腰痛の原因いろいろ

ぎっくり腰(急性) 

重たいものを急に持ち上げようとしたりした時や体をひねった時などに、腰の筋肉に急激な負荷がかかっておきる腰の捻挫です。激痛が走り、動けなくなります。

正式には急性腰痛症といいます。

腰椎圧迫骨折(急性)

お年寄りでよくあるのがこちらです。

転んでしりもちをついた時などにおきる背骨の骨折です。

骨粗しょう症などで骨がもろくなっていると、椅子にドスンと座っただけでも折れることがあります。

くしゃみや体をひねるだけで折れたりもします。

折れるというより、つぶれるといった感じです。

姿勢による筋肉痛(慢性)

腰の変形により腰に負担がかかる、片麻痺により左右非対称で片側の腰に負担がかかるなど、姿勢により腰の筋肉に負担がかかっておきる痛みです。

右麻痺では右に倒れるのを防ぐため、左腰の痛みがでたりします。

左麻痺では右腰の痛みです。

また、もともと腰椎圧迫骨折などで別の痛みがあったけれど、それによりよけいに力が入って、さらに筋肉が痛くなる場合もあります。

触ってみてボコッと膨らんでいれば、そこの筋肉を異常に使いすぎて痛みがでているということです。

さらに、自由に立ち歩きができず座っている時間が長く、姿勢が悪い場合にも腰の筋肉に負担がかかり腰痛が出ます。

健常者でもずっと長く座っていたら軽く腰痛が出たりしますよね。

体幹の姿勢保持の筋肉が弱っていたらよけいにそのようなことになります。

布団が合わない痛み(慢性)

布団の硬さや柔らかさが体に合わないと、腰が反りすぎたり丸まり過ぎたりしてしまうため、その状態で長く寝ていると、『寝起きに腰が痛い』ということになります。

腰椎椎間板ヘルニア(急性)

高齢者ではあまり聞いたことないですが、腰椎に負担がかかり、腰椎と腰椎の間にある椎間板の中身が飛び出して神経を圧迫しておきる痛みです。

若い人でよくあります。

その他(病気による腰痛など)

腰痛の原因が内蔵にある場合もあります。

腎臓や子宮などが肥大することでお腹や腰が圧迫されて痛みがでます。

筋肉の痛みであれば、よほで強い炎症でなければ、安静にしていれば痛みは和らぎます。

安静にしていても痛い場合は筋肉の痛みではなく、可能性が高いです。

検査してもらいましょう。

また、帯状疱疹など皮膚の疾患による痛みや神経痛などによる痛みの場合もあります。

2、温めるか冷やすか

★急性期⇒冷やす
★慢性期⇒温める

腰痛には急性的なものと慢性的なものがあり、それにより変わってきます。

1で紹介したような感じです。

急性的ものは、ぎっくり腰など、「うっ!痛っ!」と今痛くなったと分かるような急激な痛みがでやすいです。

このような時は炎症がおきています。

炎症が起きているところを温めるとさらに炎症が悪化して痛みが増します。

炎症が起きているところは熱をもっていたりします。

ただ、腰だと熱を持っているかどうか、触ってもよく分からない場合もあります。

とりあえず急激に痛みを感じた時には温めない方が無難です。

むしろ冷やした方がいいです。

私の母も、「ぎっくり腰になっちゃって~ 今こたつで温めてるの」と電話で言っていたことがあり、慌てて止めました。

温めたくなるのは分かりますが、急性期は温めてはいけません。

温めていいのは炎症が落ち着いて痛みが引き始めてきたとき、または、徐々に痛みがでて長く続いているような慢性的な腰痛の場合です。

炎症があり痛いことでさらに腰に力が入ってそれでさらに痛くなる場合もあります。

そのため、もともと急性的に発症したぎっくり腰などや腰椎圧迫骨折などでも、炎症が引けば温めることで筋肉がリラックスして痛みが和らぎます。

病気ではなくて、姿勢や日頃の負荷が影響して筋肉が硬直して痛みが出ているような時は温めて筋肉をリラックスさせるのが効果的です。

お風呂でゆっくり温めるのもよし、こたつで温めるのもよいです。

3、腰痛にマッサージしてもいいか

★急性期⇒ダメ・安静
★慢性期⇒OK

マッサージをするということは血流をよくするということなので、温める場合と同様です。

そのため、やはり炎症がある急性期にはマッサージしてはいけません。

炎症がさらに悪化してしまいます。

温める時同様、長年の痛みや姿勢による筋肉の凝りによる痛み、治りかけの時などの痛みには、筋肉をほぐして痛みを和らげることが効果的です。

静が一番急性期は安静です。

マッサージなどのリハビリは少し落ち着いてきてからです。

4、起き上がり方、寝方

★ゆっくり行う
★横を向いてから行う!

腰が痛い時にいきなり真上に上半身を起こそうとすると、腰に力が入ってしまうため痛みを誘発します。

まずは体ごと横を向いて体を丸めるようにし、(ベッドであればそのまま足を下しながら)手を付いて手の力も使ってゆっくり起きあがりましょう。

寝る時はその動作を逆にします。

いきなり仰向けに寝ると腰に痛みが走るので、まずは横向きに寝て、それからゆっくり上を向きます。

仰向けに寝る場合は膝を立てていた方が楽です。

膝を伸ばすと腰が沿って辛いようでしたら、膝の下にクッションなどを入れておくのも効果的です。

5、腰痛コルセットの使用

★急性期⇒安静を保つため使用
★慢性期⇒場合によって使用

腰椎圧迫骨折の時は骨が折れているのでもちろん腰椎コルセットで固定します。

その他の急性期の腰痛の時も、安静を保つためコルセットをした方がいいです。

金属支柱が背中側に入っている物がしっかりします。

その金属が出し入れ可能なものもあります。

ただし、慢性期に移行してもいつまでもつけていると腰回りの筋肉が弱ってしまい、よけいに腰痛が起きやすくなります。

医者が外していいと言ったら、大丈夫そうであればできるだけ外しましょう。

つけてもつけなくてもいいくらいになったら、金属支柱を抜くか、もう少しソフトなタイプにしてみるといいと思います。

もともとの慢性的な腰痛の方も同様です。

長時間立って何かをしなきゃいけないなど腰に長く負担をかけていなければいけないような時はつけた方がいいですが、それ以外は外して様子をみましょう。

腰回りの筋肉が衰えると、いざコルセットを外して生活しようとした時に異常な負荷が腰にかかってしまい、また腰痛が出現しますよ。

幅広だと苦しい感じがするかも知れませんが、縦に長い方がしっかり固定できます。

痛みの度合いでガッチリ度を決めましょう。

6、布団の固さは大丈夫か

布団が合わなくて腰痛になる場合もあります。

固すぎてもよくないし、柔らか過ぎてもよくないです。

どの布団があっているかは人それぞれなのでなんとも言えませんので、家にある布団を重ねてみたり、マットレスを抜いて硬くしてみたり、どんな硬さの敷布団があってるか試してみてはどうでしょう。

7、座る姿勢は大丈夫か

座椅子やソファーなどにくつろいで座っているとだんだんとお尻を前にずらし、姿勢が悪くなります。

すると、腰に負担がかかり、腰痛がある方はさらに悪化してきます。

短い時間ならいいですが、座る時間が長い方は腰にかなりの負担がかかります。

座っているとどんどん腰痛が悪化するようなら姿勢の悪さが腰痛の原因の可能性があります。

椅子へは深く座り、お尻が前に滑っていかないようにしましょう。

お尻の同じところがずっと当たっていると痛くなるようなら、座布団を入れて調整するといいです。

お尻が痛くてずらず以外にも、体幹(お腹や背中)の筋肉が落ちたせいでいい姿勢を長くキープするのが難しい場合も多いです。

無理に力を入れて腰を伸ばし続けると逆に腰痛を引き起こす可能性もあります。

座面や背あての形を工夫することで、無理して力を入れなくても背筋が伸びてお尻もずれにくくなります。

もともと腰の部分は凹んでいる(反っている)ため、腰の部分の背もたれは出っ張っていた方がフィットして背筋が伸びたよい姿勢保持をしやすいです。

また、お尻より太もも側が少しなるように傾斜のある座面の方が、リラックスしていてもお尻が前に滑りにくいです。

 関連記事 

腰痛の便利品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加